2010年03月25日

飲食店を育てて成功するために必要なこと

飲食店を育てる  繁盛店がたくさんあるにも関わらず、それと反して毎日どこかで脱落したお店が姿を消していくもの現実。閉店に追い込まれないまでも、苦戦の泥沼から抜け出せないでいる飲食店を育てるお店は数知れない状況があります。
良い習慣であろうが、悪い習慣であろうが、それは年月の経過に伴い育まれてしまいます。その結果、年月がある程度過ぎたころに躾のよい飲食店になるか、または取り返しのつかない飲食店になってしまうかです。もちろん何もしなければ、なにもない結果になってしまいます。
ちょうど良いタイミングで手を打てば、良い結果として反応します。お店に愛情を込めれば込めるほど自分の思った方向に進んでいきますし、逆に手を抜けばそれだけ悪い方向に向かってしまいます。そしてそのタイミングではない場面で手を打ってしまえば結果はでません。
三つ子の魂百までという諺はほんとうに良く言った諺です。子育てをやった方であれば分かると思いますが、子供を育てるようなそんな感じです。飲食店に限らずお店というものは「生き物」と同じです。
人間にもお店に当てはまるのですからね。飲食店というものは年月が経つにつれて、その飲食店独特の習慣というものが育まれます。
posted by カリスマ店長 at 17:00| Comment(0) | 店づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

飲食店 って誰でもできる?

飲食店経営の成功の秘訣はお客様が何を欲しているかを見抜くことだと思います。繁盛店とはその急所を見事につかんでいるお店のことをいうのだと思います。そのお店に行けば欲しいものに出会えるからこそ、お客様がどんどんつめかけるのだと思います。
チラシを撒く事によって何を得るか?これをしっかりと明確にしないで、売上をとるためににチラシを撒いたのでは結果は出ないどころか経費の無駄使いというものに他ならないのです。なにかイベントやキャンペーン、さらには値引きセール、最近はチラシにクーポンをつけているものまで見かけます。先日某大手ファーストフードの1人勝ちという報道がされていましたが、そんな大手ファーストフードだって、ただチラシを撒いていたわけでなくそれなりの戦略というものがあっての結果だと思います。
「戦略があって、戦術としてのチラシ配布」これが大切なのではないのかなと思います。でもそのときに行ったお客さまが満足しなければ2度とそのお店には行く動機はなくなり、後日チラシを撒いたとしても結果は出ないでしょう。チラシを撒けば売上が上がる。
認知が上がれば、お客様はそのお店を利用する動機があれば、そのお店には行くと思います。こんなことしていったい何になるのでしょうかね。こんな手法は大手チェーン店がやってはじめて成功するような手法であって、個人店や認知の少ないお店がやっても経費の無駄。
確かにチラシを撒くことによってお客様にお店の認知というものが広がると思います。こんなことが言われていた時代があります。さらには最近のデフレ傾向により値段が安くなれば、おそらく行く可能性というものも高くなるでしょうがね。
posted by カリスマ店長 at 16:00| Comment(0) | 店づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

従業員の接し方

飲食店の店長の仕事というものは、本当に大変なものです。
特に従業員の接し方ひとつでお店の業績が変わってしまうのも
飲食店の特徴といえるでしょう。

あいつは俺の言う事を良く聞く、とかあいつは俺の右腕だから、とかあいつは俺寄りの社員だから、とかとかく、そんな派閥的な考え方をする店長が必ず組織の中にはいますよ。お店に立っている以上本当に大切なのは、お客さま!お客様を大切にしたいお客様のためになりたいお客様が喜ぶようにしたいと考えて、行動することによって従業員も付いてくるし、お客様も付いてくる。

社員を味方に付けるような行動は自分の立場を守るだけであってお店にとっては百害あって一利なしそんなところです。
だけど味方という言い方もあまり好きではないので、私自身もそんな考えはしないのですが、従業員を味方に付けるとか付けないとかそんなことはどうでもいいことであって、そんなことを考える奴は結局のところ自分のことしか考えていないようなそんな気がします。
私はそんな考え方はしないのでそんなことを言っている店長がかわいそうに思います。飲食店は特にアルバイトという多数の従業員を抱えるところが多いのでお店を自分の思った方向に進めるためには少ない社員よりも多数のアルバイトを味方に付けたほうがよっぽど良いような気がします。
posted by カリスマ店長 at 16:00| Comment(0) | 店づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。