2010年03月19日

言うことを聞いてくれないアルバイト

気の利かない店長は組織の中には必ずいるものです。それが正社員であったら、なおさらです。
当然、アルバイトも意思を持っているのでやりたくないこともいっぱいあると思うのです。でも仕事だからと割り切ってがんばってくれているのです。だから店長がやりたくない仕事だからといってそれをアルバイトに丸投げしていたのではいつまで経ってもアルバイトは付いてこないと思います。
本来アルバイトというものは店長の言う事を全て聞いてくれて、店長のためならなんでもする!ということはないのだと思います。
飲食店というものは本来であれば店長1人で行うべきであって店長1人ではお客様にご満足いただけないからご来店くださるお客様の人数に合わせて分のアルバイトを配置するというものです。だからアルバイトはパートナーであって店長の言う事を全て聞く人形ではありません。
アルバイトをあたかも店長の奴隷のように扱い、本来であれば店長が行うべきものをすべてアルバイトに丸投げ状態!これではアルバイトも言う事を聞くはずがありません。そんな奴に限って「アルバイトが言う事を聞かないから困っている!」などということを平気で会議で語っているのです。お門違いもはなはだしい、としかいいいようがありませんよね。
アルバイトを甘やかせるわけではなく店長もがんばっているのだからいっしょにがんばろう!という気配りが大切だと思うのです。それができないから店長の思ったとおりに事が進まないと思います。
posted by カリスマ店長 at 17:00| Comment(0) | 店長の仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

儲かる飲食店の店長の仕事というのは

はたの人を楽にするという言葉の意味を理解していない人は多いと思うのですが、こんな人に限って自己満足な仕事をしているためお店が思った以上に悪い方向にいっていることに気づかない状態が続いてしまいます。
はたの人を楽にする、店で働いている人が本当に儲かる飲食店を向上させるために、自分のまわりの人を楽にするそんな意識を持てば、お店としては儲かる飲食店に結果が出ます。
とにかく敏感になることが大切ですね何事にも!
負のスパイラルならぬ正のスパイラル状態ですね。
長い間、自己中心的な形態の儲かる飲食店の仕事をしている人は、本当にまわりに迷惑をかけているということを感じていないそんな気がします。
働くということははたの人を楽にするということ!
儲かる飲食店という数字ではあらわすことができない空気でお店が満たされ、それにお客様も満足することも可能になってきます。。まさしく、お店の雰囲気というものが良くなります。
これってとっても大切なこと。私も儲かる飲食店を上げるために日々この状態を目指しています。具体的に儲かる飲食店を上げるために何をやったらということはないのですが・・・

 
ラベル:儲かる飲食店
posted by カリスマ店長 at 18:00| Comment(0) | 店長の仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

儲かる飲食店の仕事とは

儲かる飲食店で働くということは、周りの人間にもそれなりに気を使い、店内を活性化しなければなりません。

上司に聞いた話ですが「儲かる飲食店で働く」ということは「はたらく」ということだそうです。どういうことかというと「はたらく」すなわち「傍楽」ということらしいのです。

自分では納得して「いい仕事ができた!」と思ってもまわりの人が今以上に苦労したとか仕事が増えた、ということでは「飲食店で働く」という意味ではありません。

自分自身も含めて一度仕事内容を見つめなおすことが必要かもしれません。

「飲食店で働く」というのは「傍を楽にするということ!」ということ。

飲食店で働くということは自分の能力をフル活用して、如何に効率よく、かつ生産性を上げていくのか?ということを常に考えて仕事をすることをいうと思うのです。

労働とは自分の頭で考えず、ただ単に与えられた内容のことをするで仕事をする。

仕事をしている人は少なからず、いろいろなことを考えながら仕事をしていると思いますがいくら考えて仕事をしていても、効率や生産性が上がらなければそれはただの労働に過ぎないようなそんな気がします。


儲かる飲食店であってもそうでなくても、飲食店で働くということと労働ということを混同している状況が見受けられます。

自分の周りにいる人を如何に楽しく楽に仕事をさせてあげられるか?これは常に自分の仕事内容を突き詰めていかなければ達成できるものではないと思います。

 
posted by カリスマ店長 at 17:00| Comment(0) | 店長の仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。