2010年03月23日

飲食店のトップダウンはますます興味深くなり

飲食店のトップダウン はますます興味深くなり、人々の関心を集めています。
トップダウンとボトムアップ。これだけ情報が氾濫していれば、末端のアルバイトだっていろいろな考えを持って仕事しているはず。でもこんな会議や会合などを開きたがる人にかぎって、情報や上層部の意思などを会議などでトップダウンできると思っているようです。
今の時代はちょっと前とは違い、トップダウンばかりでは社内の統一は図れない、そんな気がします。コミュニケーションを重視するのであれば、やはり組織内のコミュニケーション方法を再度検討する必要があると思います。コミュニケーションという横文字ばかりを意識し、会議や会合などをすることによって満足する上司、こんな上司のいる職場は意外とトップダウンばかりでボトムアップの意見が出ていないのかもしれません。
会社の繁栄をい願うのであればこんな末端の人間の意見をボトムアップする必要もあると思うのです。しかしこんな場合はほとんどはコミュニケーションの機能は果たしておらず、トップダウンとかいっておきながら意外と末端まで伝わっていないことが多々見受けられます。
飲食店店内のコミュニケーションを重視する人は会合やら会議やらミーティングなるものを開催したがります。これを併用してお客様のためになるお店、従業員のためになるお店にしなければ、お店の存続はないと思うのです。
posted by カリスマ店長 at 20:44| Comment(0) | 店長の仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

店長ひとりで運営しているのではない!

飲食店にとって主役はお客様、そして末端で働く従業員で、店長なんていうのは脇役みたいなもの。売上を上司に報告する際にあたかも店長1人で作った売上のように報告する店長がいますがそれはやめたほうがいいかもしれません。

儲かっている飲食店であるかぎり、とても売上の高すぎる日というのはよくありますが、そんな中でもへとへとになって働いてくださった従業員を見ているとよくぞここまでがんばってくれた!と感謝の気持ちを持つことが重要です。

忙しい状況の売上の高さは決して店長1人で出したものではなく、その儲かっている飲食店で働くみんなの協力あってのものだと思うのです。店長1人では10分の一の売上も出ないでしょうね。その点を認識しないと、後で後悔するのは店長自身かもしれません。

儲かっている飲食店というものは店長1人の力では飲食店は運営できない、そう強く感じます。それをあたかも店長1人がたたき出した売上のように報告するということはなんか違うような気がします。
posted by カリスマ店長 at 18:00| Comment(0) | 店長の仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

自分の非を認める

儲かる飲食店の店長として、自分の非を認めない、こんな姿勢が部下の信頼を失ってしまう原因だと思います。
儲かる飲食店の店長として、自分が未熟と思われるのが嫌で、未熟だと思われればアルバイトが付いてこない!そんな心配からこの間違った指示を訂正しないようなことがあるようです。
そんな指示をした本人がつまらない店長の威厳で、その間違った指示を訂正しようとはせずその内容を押し通すというようなことをして、繁盛店になると思っているのでしょうか。
間違いを認める、これができない飲食店店長が失敗します。
儲かる飲食店では多くのアルバイトを雇っています。飲食店の店長として繁盛店にするためには多くの指示を出さなければなりませんが、その指示の中には未熟なアルバイトが見ても、明らかに間違っているもしくは勘違いというものもあると思います。
儲かる飲食店の店長としては、アルバイトの手前間違ったことを伝えてしまったとしても訂正するのが恥ずかしい・みっともない、そう感じるのは仕方のないことかもしれません。
未熟だからこそみんなに勉強させてもらおう!という謙虚な気持ちが儲かる飲食店の店長として、アルバイトの信頼を得られると思います。
間違ったと分かったのであればそれを訂正して正しいことを伝えるというのも大事なことだと思います。それが儲かる飲食店の店長として、アルバイトの信頼を得るためのもっとも重要な事だと思います。
ラベル:儲かる飲食店
posted by カリスマ店長 at 18:00| Comment(0) | 店長の仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。