2010年04月14日

売上の流れ ビジネスについて

売上の流れで確実に成功するためには、まずはビジネスとしての発想をしっかりと身に付けることが大切です。そうすればやるべきことが「苦労」ではなくなり、「当たり前」のこととなります。いいかえれば、無駄な苦労はすることがないということになります。
昨日はどのくらい売れた?このようなことはお店で勤務しているうえで日常茶飯事で聞くことです。それと同じ状況というものは2度とないと思いますがそれと似た状況はきっとあると思います。こんなことを1ヶ月続けたら出るべき利益どころか、赤字になってしまうことだってあります。だって昨日の売れたことはすでに過去のことであってこれからのことを考えれば昨日売れたか売れないかよりなんで売れたのか、ということを分析することが大切で天気・気温やイベントなどがどのように影響しているのか?などとの関連性を考えるべきだと思うからです。
店長としては昨日までの売上や原価などの分析数値を見ることはごく当たり前のことだと思います。しかし、このセリフ私は好きではありません。こんなことを避けるために店長としては部下に対して日ごろから売上予測というか売上の「流れ」を考えさせるトレーニングが必要だと思います。たとえば、先週の金曜日と土曜日で売上を比較し何%アップしたから、今週も同じように考えると・・・という具合に訓練が必要だと思います。
売上の流れを読む。だからなんでそのような売上になったのか?と要因を探るべきだと思います。その中でも1日のオペレーションを決める「売上」について正確な数値はいらないと思いますが大雑把でも本日の売上予測くらいは立てないと売上が上ぶれしたり、下ぶれした際に大きな損失となってしまうと思うのです。しかしながら、2番手や3番手の部下が自分の感覚や月初に作られた予算だけで本日の仕事を始めようとしているのにびっくりしたのです。
どのくらい売れたかはあくまで結果であってその結果が導き出された経過を考える必要があるからです。これは日々運営している方にとっては非常に大切な仕事になると思います。また予測させるだけでなく予測させた数値と実際の数値がどれだけ違いその原因はなんなのかということも考えさせるそんな訓練も日常的に行う必要があると思います。そんなときにどれだけ過去のことを参考にしてお客様に満足していただけることができるか?それがポイントだと思います。
posted by カリスマ店長 at 00:09| Comment(0) | 店長の仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

飲食店の経営 は楽しい仕事

飲食店の経営では繁盛店がたくさんあるにも関わらず、それと反して毎日どこかで脱落したお店が姿を消していくもの現実。閉店に追い込まれないまでも、苦戦の泥沼から抜け出せないでいる飲食店の経営のお店は数知れない状況があります。


「攻め」とはとにかくお客様を集めるとか売上を取る、そんな目的のために徹底的に販促なり行動なりを主な戦術として取っていくことかもしれません。やはり「攻め」と「守り」、攻守交替のタイミングを判断できる能力が店長に必要なスキルかと思います。どちらでも秀でていれば問題ないのですが、結構中途半端な人が多いのが現実です。



いろんな人を見ていると「攻め」と「守り」の得意分野というものが各個人にあるような気がします。また「守り」とは今の売上が限界と感じ、今の売上でも少しでも利益を取るために経費を削減したり、原価を下げたりなど、内部的な要因が大きいと思います。しかしどちらかに重点をおいた経営では成り立たない、そんな気がします。



「攻め」と「守り」を状況において使い分けるようにしなければ売上も取れない、利益も取れない、そんなことになってしまします。「守り」を充実し、利益を捻出するタイプ。「攻め」を徹底的に行い、経営を成り立たせるタイプ。



飲食店の経営において、常に「攻め」と「守り」というものが存在します。この使い分けは1年とか1ヶ月というスパンでもそうですが1週間もしくは1日単位でも使い分けることが必要。ピークタイムとアイドルタイム、この時間ごとの「攻め」と「守り」を例にすれば分かりやすいでしょうね。




飲食店の経営の関連サイト・ブログを紹介します。


Operation Factory 東京 〜飲食店・レストラン 案内〜

【新卒求人情報】 様々な飲食店の運営・プロデュース・コンサルティング業務を展開 独自に培った「企画力」と「デザイン性」を武器に、各専門スタッフが事業計画やインテリア・グラフィックデザイン、メニューのディレクションなどをプロデュースしていきます。

www.opefac.com/east



飲食店店舗なら東京興発株式会社 店舗専門!物件 ...

飲食店店舗なら東京興発株式会社 店舗専門!物件保有数1000以上!不動産業者選びに悩んでいるなら貸し店舗物件のみに特化した弊社をお選びください。圧倒的な物件保有数に加え、フットワークの軽さ・豊富な経験と交渉力が自慢です。物件情報多数掲載 ...

www.tokyo-kouhatsu.com/night.html



飲食店情報 - Yahoo!グルメ

約60万店舗を掲載する日本最大のレストラン検索サイト「Yahoo!グルメ 飲食店情報」。ユーザーのクチコミによるお店の評価やクーポン、予算、雰囲気、エリア、料理、最寄り駅などの条件で探したいお店が ...

gourmet.yahoo.co.jp/restaurant



飲食店・レシピ・出前 総合グルメサイト - Yahoo!グルメ

飲食店情報・レシピ情報・出前注文サービス、あなたのグルメライフをトータルサポート。おすすめグルメ情報、新着クチコミ、お店ランキング、今日のお献立、みんなのオリジナルレシピ、レシピランキングなど毎日更新。あなたにぴったりの旬のグルメ情報をお届け ...

gourmet.yahoo.co.jp



飲食店 | ハル・インダストリ

食を楽しむことの第一は「味」、第二が「香り」であることは、誰もが納得するところでしょう。さらに「香り」が「味」を引き立てることも明白な事実。お客様に食の「香り」を純粋に楽しんでいただく、そんな ...

www.halindustry.co.jp/solution/restaurant



【花の旬】 白浜 | 南紀 | 飲食店 | 魚料理 | 懐石料理 ...

花の旬は旬の魚料理が楽しめる創作和食のお店です。和歌山南紀白浜で地魚を使った懐石料理や和とフレンチの創作料理が味わえます。観光、海水浴、温泉旅行等で白浜を訪問された際は、ぜひお立ち寄り ...

hanano-syun.com



飲食店の経営を応援するお役立ちサイト【ぐるなびPRO ...

外食産業を応援するぐるなびが飲食店を強力サポート!成功事例や、レストランの販促を聞くインタビューなど、経営に役立つ情報をお届けします。 ... 飲食店の経営をサポートするサイト【ぐるなびPRO for 飲食店】では集客アップから経営のさまざまな問題解決 ...

pro.gnavi.co.jp



麻布ダイニング株式会社 - 飲食店の開業資金を支援 ...

当社は開業資金に特化した飲食店開業資金支援サービス「麻布ダイニングファンド」を運営しております。 ... 麻布ダイニングファンド概要 当社は開業資金に特化した飲食店開業資金支援サービス「麻布ダイニングファンド」を運営しております。

azabudining.jp



飲食店 レストラン 運営サポート 業務委託?TRC ティー ...

レストラン、カフェ、ホテルバンケットなどの運営、サポート、委託業務を行う、横浜・TRC(ティーアールシー)です。 ... 6月 楽天にネット市場オープン! 広州中科怖品有限公司より直輸入のネックレス・パワーストーン、中国陶器・茶器の販売を始めました。

www.yokohama-trc.com



飲食店開業支援、看板、メニューデザインのアイプラス

飲食店の開業支援、集客に飲食専門ならではのノウハウでサポート。看板やメニューデザイン他、店舗に必要な各種ツールをリーズナブルかつ高いクオリティでご提供致します。 ... 飲食店開業支援のことはアイプラスへご相談下さい。 繁盛店への販促、オープン ...

ip7.jp



DOMAIN ERROR

ドメインウェブの設定が見つかりません 考えられる原因 ドメインウェブの設定がまだ行われていない。 ドメインウェブの設定がまだ反映されていない。(反映には数時間?24時間かかることがあります) ドメインウェブ ...

inshokuten-park.com


posted by カリスマ店長 at 16:00| Comment(0) | 店長の仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

飲食店の売上予測 はあなた自身です

飲食店の売上予測で成功するということは決して難しいことではありません。飲食店の売上予測で成功するために手を尽くした必然の結果です。飲食店の売上予測で成功するための手段とは、人の意表を衝くような手ではありません。当たり前のことが当たり前にできて、はじめて成功するのです。
お客様に商品を売るための全ての流れを把握した上で適切な販促をしなければ、いくら外からお客様を呼んでも売上というものは上がらないのです。もちろんいろいろなお膳立てをしてくれるフランチャイズであってもです。売上というものは上がるものではなく上げるものです。売上というものは結果であるものですが、今後の状況を判断するうえでの経過でもあるのです。
売上予測はその月の利益など経営を占う意味ですごく大切なことだと思います。売上というものは上がるという他力本願では決して上がらず自力で努力することによって上がるものなのです。冷静な売上予測はいかにして結果を出すかというそのための大切なことだと思うのです。こんなことは店長である以上当たり前にできることだと思いますが、やはり人材不足による店長教育というものが進んでいない状況で意外と分からずに行き当たりばったりで運営していることが多く見られます。
おそらく上司や会社幹部から売上が厳しいからとか自分の出世のためにとかそんな感じで無理だとわかっていても出してしまうようなそんなものだとおもうのです。売上予測は今までの流れや経済の状況その他もろもろのことを総合的に判断して冷静に予測しなければ売上予測というものはできないと考えています。しかし冷静な売上予測があってはじめて損益というものがみることができて利益というものがでてくるものだと思います。いつまでも売上は上がるものと考えていてはどんなに条件を整えても売上は上がりません。
posted by カリスマ店長 at 17:00| Comment(0) | 店長の仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。