2011年01月18日

飲食店店長の悩みとは

飲食店店長の悩み に関する初めて聞く新情報がみつかるといいですね。
最後に考えられることは顧客サービスです。極端 な話ですが、細かい店長業務ができなくとも、スタッフのモチベーションを上げるのが得意な店長がいれば、そ の店の売上は割といい場合が多々あるものです。顧客サービスは飲食店にとってとても重要です。  ・私は、スタッフが元気で働くような店をつくりたい    ・私は、スタッフのみんながお客様の顔を覚えて、「お客様」ではなく、お客様に「名前」で声をかけることがで    きるような店をつくりたい    ・私は、クオリティの高い商品を提供し、お客様から「いつもここの料理は美味しいね」と言われるような店を    つくりたい  このような感じで、「自分の意思・思い」をしっかりと伝えるのです。  その最も重要なことというのは、スタッフに対して「しっかりとしたゴールを示すこと」です。店長が、顧客サービスとスタッフとのコミュニケーションについて気をつけていれば、店舗の評判も良くなり、業績も向上していくことでしょう。
店長によって店舗の業績は3割変わると言われています。しかしながら、店舗運営が不安定になりがちなある一定期間のみ、経験豊富な外部のアウトソーサーを利用し、安定した収益を獲得できる体制を整えることは、今後の飲食店経営にとっては必要不可欠な一つの戦略になるといえます。また、新開店の場合は、なおさら、スタッフとの意思疎通が上手く行かなければ、お客は来なくなります。このような会社を向いた仕事をして、顧客を向いていない姿勢では、顧客サービスができているとは言えません。店長とスタッフとのコミュニケーションがとれていないと、スタッフのやる気がなくなり、店舗として売り上げ減少になります。最初にいろいろな角度から調査して原因を追究します。
当然のことながら、飲食店は店長一人ではできません。次にスタッフとのコミュニケーションがうまくいっていないことも考えられます。そのような事実が判明したら、基本から指導します。スタッフを雇い、運用し、売上計算や、客の回転の操作からやることが山積みだ。店舗の清潔度や接客を覆面調査等で調査して現状を把握します。従業員の助けがあって運営でき、売上を作ることができるのです。
 部下はトップの顔を見て仕事をするものです。その分店長人材の採用、育成、定着には多くの飲食店経営者様が頭を悩ませることだと思います。料理の質にあった価格であるかどうか検証します。自分の店舗を任された店長は、自分の経験がお店を営業するにあたり全てになる。それをみんなに意識させることができれば、店長の判断基準が明確ですから、スタッフは自然と働きやすい状 態になるはずです。もう少し分かりやすく 言えば、「店の進むべき方向性や方針」、あるいは「自分はこんな店を作りたい」という店が進もうとする方向性 を示すことです。
posted by カリスマ店長 at 02:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メール友達を作って毎日がHAPPY♪トモコミュなら制限なしにいくらでも友達がつくれちゃう!!メール友達なら直接会わなくていいから安心☆そのまま仲良くなれば付き合っちゃうことも…♪
Posted by メール友達 at 2011年04月30日 15:34
ヴィクトリアマイルのデータ満載!オッズ・枠順・出走馬情報!弊社が収集した極上データを惜しみなく公開!最新の情報を現地からお届けします!勝ちにいく予想はここから
Posted by ヴィクトリアマイル at 2011年05月05日 04:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。