2010年11月23日

飲食店開業のための資格とは

飲食店開業のための資格 について新しい発見がないかどうか、探してみましょう。
食品衛生責任者は、消費者に安全な食品を提供し飲食に関する危害の発生を防止するため、食品を扱う施設で衛生の管理を行い、営業者やスタッフに進言したり、スタッフに食品衛生上の教育を行ったりします。飲食店やお惣菜店など食品関係の営業をする場合は、施設に食品衛生責任者をおかなければならない義務があります。作業場の温度や湿度のチェック、換気、冷蔵庫・冷凍庫の温度管理、料理の温度管理と水質チェックのほか、異物混入がないよう充分な注意を促すのも仕事です。また食品添加物やBSEなどの販売禁止に関する事柄、水質についても知っておきたいですね。管理栄養士や製菓衛生士などの免許を取得している場合は、飲食店の開業に必要な資格と認められていますので、調理師免許を取得しなくても開業できる資格を持っていることになります。一般的な申請・許可は下のような書類・手順が必要となるが、これは各都道府県の所轄となっており、細かい部分は保健所によって異なる。
飲食店を開業する際には、保健所や消防署、税務署、場合によっては警察署や社会保険事務所などへ各種届け出をする必要がある。「食品の衛生」とは主にどのようなことを扱うの?食中毒ほか、飲食に関する事故をおこさないよう施設内の衛生や安全な食品の管理、違法な食品添加物の使用有無、適正な表示、包装材質のチェックなど、飲食にかかわる衛生全般を取り扱うのが食品衛生。1、の食品衛生責任者は、調理師、栄養士、製菓衛生士などの資格を持っていればなれるが、こうした資格を持っていなくても食品衛生責任者養成講習会(詳しくは地元の保健所へ)を受講すれば資格が取れる。不適とされた場合はその部分を改善後、改めて再検査を受けることになり、開業の遅れにもつながりかねない。営業許可には、必要な設備(手洗い槽の設置など)がいくつかありますので、要点を知るためにも開業予定地域の保健所に相談に行ってみて下さい。自分で飲む分にはよいのですが、営業で使用する水は水質検査を行い、一定基準を満たしている必要があります。
東京都内の保健所によると、施設検査で引っかかるのは、施設の根本的な欠陥というより、水やガスがまだ通っておらず排水の状況が確認できないケースや、これから付ける予定の消毒装置がまだ手洗いに付いていないケースなど、営業開始に向けての準備が不完全な場合がほとんど。このテストに合格すれば、食品衛生責任者の有資格者となる。けれどこの資格、栄養士・管理栄養士の資格があれば、講習を受けなくても飲食店の営業許可を受ける際に保健所に登録することで食品衛生責任者になれることをお忘れなく。有資格者がいない場合は、所轄の保健所が実施する食品衛生責任者のための講習会を従業員のうち少なくとも1人が受講し、テストに合格しなければならない。調理および製造、加工、販売など、食品の取り扱いに安全確保は必須。特に、保健所への「食品営業許可申請」は飲食店の場合は不可欠だし、スナックなどに必要な「風俗営業許可」は許可を受けないで営業すると罰せられるので要注意だ。
営業許可は、各都道府県の知事の権限に委ねられているため、各都道府県で若干の違いがありますので、各保健所に問い合わせるか、保健所によってはパンフレットが用意してある所もあります。受講希望のキャンセル待ちが出るほど取得希望者が多い資格なのです。湧き水を汲んできて飲み物を作り、誤ってお客様に出すということがないよう、営業となると気をつけなければならないことがあります。もちろん、受講を申し込めば講習会に参加することはできますので、ブランクのある方は最近の食品衛生に関する事情を知るため、再び学んでみるのも良いかもしれません。また、ふぐ(河豚)解体調理のように別の許可が必要になるなど、申請する種別によっても若干異なります。例えば東京都の場合は講習時間は6時間以上だが、青森県は1997年より前は6時間未満だったため、青森県で97年より前に資格を取った人が東京で飲食店を開く場合は取り直す必要がある。
posted by カリスマ店長 at 03:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。