2010年03月24日

飲食店 って誰でもできる?

飲食店経営の成功の秘訣はお客様が何を欲しているかを見抜くことだと思います。繁盛店とはその急所を見事につかんでいるお店のことをいうのだと思います。そのお店に行けば欲しいものに出会えるからこそ、お客様がどんどんつめかけるのだと思います。
チラシを撒く事によって何を得るか?これをしっかりと明確にしないで、売上をとるためににチラシを撒いたのでは結果は出ないどころか経費の無駄使いというものに他ならないのです。なにかイベントやキャンペーン、さらには値引きセール、最近はチラシにクーポンをつけているものまで見かけます。先日某大手ファーストフードの1人勝ちという報道がされていましたが、そんな大手ファーストフードだって、ただチラシを撒いていたわけでなくそれなりの戦略というものがあっての結果だと思います。
「戦略があって、戦術としてのチラシ配布」これが大切なのではないのかなと思います。でもそのときに行ったお客さまが満足しなければ2度とそのお店には行く動機はなくなり、後日チラシを撒いたとしても結果は出ないでしょう。チラシを撒けば売上が上がる。
認知が上がれば、お客様はそのお店を利用する動機があれば、そのお店には行くと思います。こんなことしていったい何になるのでしょうかね。こんな手法は大手チェーン店がやってはじめて成功するような手法であって、個人店や認知の少ないお店がやっても経費の無駄。
確かにチラシを撒くことによってお客様にお店の認知というものが広がると思います。こんなことが言われていた時代があります。さらには最近のデフレ傾向により値段が安くなれば、おそらく行く可能性というものも高くなるでしょうがね。
posted by カリスマ店長 at 16:00| Comment(0) | 店づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。