2010年03月21日

自分の非を認める

儲かる飲食店の店長として、自分の非を認めない、こんな姿勢が部下の信頼を失ってしまう原因だと思います。
儲かる飲食店の店長として、自分が未熟と思われるのが嫌で、未熟だと思われればアルバイトが付いてこない!そんな心配からこの間違った指示を訂正しないようなことがあるようです。
そんな指示をした本人がつまらない店長の威厳で、その間違った指示を訂正しようとはせずその内容を押し通すというようなことをして、繁盛店になると思っているのでしょうか。
間違いを認める、これができない飲食店店長が失敗します。
儲かる飲食店では多くのアルバイトを雇っています。飲食店の店長として繁盛店にするためには多くの指示を出さなければなりませんが、その指示の中には未熟なアルバイトが見ても、明らかに間違っているもしくは勘違いというものもあると思います。
儲かる飲食店の店長としては、アルバイトの手前間違ったことを伝えてしまったとしても訂正するのが恥ずかしい・みっともない、そう感じるのは仕方のないことかもしれません。
未熟だからこそみんなに勉強させてもらおう!という謙虚な気持ちが儲かる飲食店の店長として、アルバイトの信頼を得られると思います。
間違ったと分かったのであればそれを訂正して正しいことを伝えるというのも大事なことだと思います。それが儲かる飲食店の店長として、アルバイトの信頼を得るためのもっとも重要な事だと思います。
posted by カリスマ店長 at 18:00| Comment(0) | 店長の仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。