2010年03月14日

こんな世の中でも儲かっている飲食店は

儲かっている飲食店、特に長い年月で増収増益といわれている飲食店では、
精神論ではないですが経営の軸となる考え方がしっかりとしているような気がします。

精神論で飲食店が儲かることはないと思いますが
やはり突然のことにとっさに対応するためには
軸なる会社の考え方が大きく反映すると思います。

決まっている!

そういうことを必ず言う方がいます。
 
未来のことにおいて決まっている!と言い切れる方をよく見ますが
何を根拠に「決まっている!」と言い切れるのか、疑問です。
 

飲食店の経営において、
未来のことで決まっていることなどはなにひとつなく、

将来というのは自分の努力やあきらめない心から
いくらでも変わるものだと信じています。
 
昨今の経済状況を見ても、明らかに不確定なものばかり。
いくらでも飲食店の未来は変えられると思います。
 
近年不況といわれて久しいですが
こんな世の中でも儲かる繁盛店は必ずあると思います。
 
そんな儲かる繁盛店のオーナーはあきらめることなく、
自分の夢に向かって進んでいることと思います。
 
もう無理だ!
そう思う心が自分ばかりでなく
自分の飲食店までも悪くしてしまうのだと思います。
 
あくまで精神論ですが
この時代において、精神論も必要な気がします。
 
posted by カリスマ店長 at 15:00| Comment(1) | 店長の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
いろんな人のブログを見ていました。
参考にしたいと思います。
私のブログも見てください。

興味がなければ、すいません。スルーしてください。






Posted by newbig at 2010年03月15日 07:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。