2010年03月12日

儲かる飲食店はやっています!

儲かる飲食店にとって厳しいこの時代は戦後最大のデフレ時代とまでいわれています。
繁盛している飲食店に限らず、業績が悪くなると出てくる言葉が経費削減。
お店でも人物金のやり繰りが生産性を高めます。

原価を下げるというのも、経費の削減であると思います。
損益計算書では原価は経費ではありませんが・・・
飲食店において経費削減といってもなにも経費ばかりが節約ではないと思います。
しかし節約というと真っ先に経費削減が思い浮かぶところも、飲食店の悲しい性です。

仕入をおさえることによってできない料理も出て来るかもしれませんが
それは腕の見せ所。ですが普段から節約意識を持っている儲かる飲食店ならば、
いまさら経費削減なんてことはしないと思います。

しかし、厳しい状況に置かれているのが飲食店を経営だということも現実です。
どんなに厳しい状況でもそれを打破すべく、お店でもさらに節約していかなければなりません。
こんな言い方をすると、そんなことはない!と反論される方もいるかと思いますが、
現実は安くて良いものを求めるのが消費というもの。その期待にこたえるのも大変ですが。

posted by カリスマ店長 at 16:00| Comment(0) | 店長の仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。