2010年03月10日

従業員の接し方

飲食店の店長の仕事というものは、本当に大変なものです。
特に従業員の接し方ひとつでお店の業績が変わってしまうのも
飲食店の特徴といえるでしょう。

あいつは俺の言う事を良く聞く、とかあいつは俺の右腕だから、とかあいつは俺寄りの社員だから、とかとかく、そんな派閥的な考え方をする店長が必ず組織の中にはいますよ。お店に立っている以上本当に大切なのは、お客さま!お客様を大切にしたいお客様のためになりたいお客様が喜ぶようにしたいと考えて、行動することによって従業員も付いてくるし、お客様も付いてくる。

社員を味方に付けるような行動は自分の立場を守るだけであってお店にとっては百害あって一利なしそんなところです。
だけど味方という言い方もあまり好きではないので、私自身もそんな考えはしないのですが、従業員を味方に付けるとか付けないとかそんなことはどうでもいいことであって、そんなことを考える奴は結局のところ自分のことしか考えていないようなそんな気がします。
私はそんな考え方はしないのでそんなことを言っている店長がかわいそうに思います。飲食店は特にアルバイトという多数の従業員を抱えるところが多いのでお店を自分の思った方向に進めるためには少ない社員よりも多数のアルバイトを味方に付けたほうがよっぽど良いような気がします。
posted by カリスマ店長 at 16:00| Comment(0) | 店づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。