2010年03月09日

売上予測は店長のお仕事です

店長の大切な仕事として、売上予測というものがあります。
この売上予測は非常に読みづらいのですが
ベテランの飲食店店長ともなると、売上予測の精度が高いです。
すごい店長ともなると、月が変わった1日の売上を見れば
その月の売上が読めるくらいの勘は持っています。

売上予測はその月の利益など経営を占う意味でも

すごく大切なことだと思います。

売上予測は今までの流れや経済の状況
その他のことを総合的に判断して冷静に予測しなければ
売上予測というものはできないと考えています。

売上というものは結果であるものですが
今後の状況を判断するうえでの経過でもあるのです。

このようなことは店長である以上当たり前にできることだと思いますが

やはり人材不足による店長教育というものが進んでいない状況で
意外と分からずに行き当たりばったりで運営していることが見られます。


しかし冷静な売上予測があって
はじめて損益というものがみることができて
利益というものも見えてくるものだと思います。

意外と行われている売上予測は願望というか希望というか
こんなの無理だよ〜という売上予測ばかりなのです。

冷静な売上予測はいかにして結果を出すかという
そのための大切な経過だと思うのです。
posted by カリスマ店長 at 16:00| Comment(0) | 店長の仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。