2010年03月08日

数字で物を言うということ

上司には
「数字で把握しろ!」という指示を受けますが
みんなパソコンの数字のみを言うだけで
それだけで上司の怒りを買うのは目に見えています。
 
みんなはなんで怒られているのかわからないらしく

「なんで俺だけ・・・」という言葉を漏らします。

飲食店でも最近はパソコンが普及してきて

数字というものがクリック1回で見れるようになってきました。

それだけ便利になってきましたが
それに依存する店長が増えてきたような気がします。

店長として、現場を把握していないのです。
現場あっての数字なのに
パソコンの数字のみを鵜呑みにし、
それを堂々と上司の前で言うから怒られるのです。


パソコンの数字というのは結果であって
今の現場で何が問題なのか?
ということを表していることに過ぎないのです。


だから上司に報告する際は
今現場で問題になっていることを数字を用いて説明する!
というのがいいと思います。


数字を報告するのではなく、数字を用いて説明する
ラベル:店長 上司 数字
posted by カリスマ店長 at 14:00| Comment(0) | 店長の仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。