2010年03月08日

戦略と戦術

戦略と戦術。
飲食店の店長の仕事としては、体を動かす以上に
というよりか、店長の行動を決めるうえでも重要なことかと。


飲食店に限らずどんな商売でもそうだとは思いますが
戦略と戦術というものは必要だと思います。

この2つはまったく違うものなのですが
切っても切れない関係にあります。

戦略というものは、どのように売上を取って、
どのように経費を抑えて、どのように利益を取っていこうか
という計画段階での作戦だと思います。

これがなければ
ただ単にお店を運営しているだけで行き当たりばったりの
成り行き的な経営になってしまいます。

これでは本来出るべき利益も出なくなり
来月以降の攻めの経費もかけることができなくなります。
これではお客様に対して、お店のアピールもできなくなり
現状維持かもしくは下降になりますよね。

それだけ戦略というものは大切だと思います。

戦略を立てるには、社会情勢の流れから
従業員個々の能力の把握まで細かい分析能力が必要となり
その分析結果に基づいて、いかに売上アップや生産性向上を図るのか
ということ青写真として立てることだと思います。


そして戦術。
今いる戦力(従業員)で具体的にお客様の満足を満たすかという、
現場レベルでのアクションをどのようにしてくかということだと思っています。


勘違いをする人がいるのですが
この戦略と戦術というものを同じものと考えている方が多いということ。

現場において戦略を従業員に教え込んだり
Off.J.Tで一生懸命戦術を教え込んだりと
生産性のない動きをしてる光景をよく見るということです。
posted by カリスマ店長 at 10:00| Comment(0) | 店長の仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。