2010年03月07日

店長の腕の見せ所です

飲食店において年末年始に次ぐ大事な時期が来ました。
まさしく、店長の腕の見せ所といえる時期ではないでしょうか?

この年末・年始もそうですが
この時期に飲食店の店長として動かなければ
店長としての資格なし、という烙印を押されても仕方のないところです。

飲食店において送別会や歓迎会という大型予約というものは

その店の生命線というべきもの。

毎年毎年のことですがここ近年節約志向が強く、
送別会といえども予約を取るのが厳しくなっているのが現実です。

また最近の送別会商戦では
幹事さんになる人に優遇された内容が色強く
幹事さんに対して割引したり
幹事さんの面子を保つためにサービスがあったりと
さまざまなサービスが入り乱れていますね。

しかし送別会商戦といえども
飲食店がアピールできる点は値引きが中心。

値引き以外にも何か打ち出すことができないか?
最近はそう考えてしまいます。

幹事さんを優遇するサービスもいいのですが
幹事さんの気持ちになれば
もっといろいろなことができるような気がします。

斬新なアイデアというよりも
相手の気持ちになったサービス

やっぱりこれが基本だと思います。
posted by カリスマ店長 at 12:00| Comment(0) | 店長の仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。