2010年03月05日

店長の仕事としての雰囲気づくり

飲食店の店長というものは、お店においてとても重要な任務にあります。
たとえそれが雇われ店長であろうともです。

ですから飲食店店長の仕事というものは、その存在そのものが売上などの数字に直結して反映されてしまいます。

飲食店は食というテーマでお客様においしい料理と安らぎの空間を与えるのが役割です。飲食店は人間的なやさしさやほっとする場所でなければならないので、店長の仕事としては憩いの場所つくりがとても大切なこととなります。


お店はやすらぎの空間になっていますか?
なんとなく人間関係がギスギスしていたり、常に糸がピンと張った状態のような空間だったり、そんな空気をかもし出していませんか?そんな店長の仕事をしていては、いつまでたってもお店は上向きにはなってきませんよ。

店は人なり!
店というのは働いている人の性格を如実に反映します。

開業もしくは開店してから何かとせわしない日々が続く中で、お客様をおもてなしするというよりも、とにかくお客様をお受けするというのが精一杯です。
それから月日が過ぎて、いつの間にかスタートしたときの雰囲気が残ってしまいます。それをベースに売上が上がったとか、赤字になったとか、いろいろなことを考えていくようになります。しかし、ある日店長が変わったとたん、いままで苦しんでいた売上や利益もあっという間に激変してしまう、そんなこともあります。
お店というのは人間と同じで、育てていくものです。それは店長の仕事ということがいえるかもしれません。店長の仕事としてのお店の育て方がうまくいってなければ、最大の効果は発揮できません。しかし最初に育ててしまえば、あとはなんとかなるものです。

売る店というよりも
明るく活気のある店づくりや気分よく食事していただける雰囲気づくり
そんな考え方が店長の仕事として非常に大切な要因になってくると思います。

posted by カリスマ店長 at 18:00| Comment(0) | 店づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。